申請要項(2023年)*受け付けは終了しました

書類のダウンロード

応募書類は、一般プロジェクトSeedsプロジェクトに分かれています。また、それぞれのプロジェクトは、個人団体・グループに分かれています。応募するプロジェクトの申請フォームを選んでください。
申請期間は、7月1日(土)〜7月23日(日)です。

申請要項 pdf yoko.pdf

申請フォームの記入について
 申請フォームの記入例 pdf sample.pdf
 記入の注意事項 pdf manual.pdf

  • 申請に必要な入力情報については、上の「記入の注意事項」に細かい説明を載せています。フォームの記入にあたっては、必ずそちらをご参照ください

一般プロジェクト(上限50万円)
 申請フォーム(個人)excel i_50_form.xlsx
 申請フォーム(団体・グループ)excel g_50_form.xlsx

Seedsプロジェクト (上限20万円)
 申請フォーム(個人)excel i_20_form.xlsx
 申請フォーム(団体・グループ)excel g_20_form.xlsx

 

申請書類のアップロード

申請書のアップロードはこちらの上野千鶴子基金 申請フォーム2023(googleフォーム)から。
*申請期間前は「受け付けは終了しました」と表示されています。7/1〜7/23の期間中にアクセスをお願いします。

申請にはgoogleアカウントが必要になりますので、googleアカウントをお持ちでない方は、こちらのページの「アカウントを作成する」をクリックしてアカウントを取得してください。
なお、googleアカウントの作成やログイン方法などgoogleのシステムに関するご質問には当方では回答できません。ご了承ください。

 

申請要項(2023年度)

1.基金の目的

サスティナブルな社会の実現に向けて、SDGsの諸課題、とりわけジェンダー課題の解決に向けてチャレンジする団体および個人の実践活動および調査研究活動等に対して助成をおこないます。また、萌芽的な研究や活動の育成のため、Seedsプロジェクトとして、これまであまり研究や活動の実績がない個人や団体の研究・活動にも助成します。

2.助成対象事業

(1)SDGsの諸課題解決に向けた活動

(2)女性学・ジェンダー研究の発展に資する調査、研究、出版

3.助成金額

(1)一般プロジェクト     :1件当たり申請上限額500,000円

(2)Seedsプロジェクト  :1件当たり申請上限額200,000円

年間総額は4,000,000円です。審査会の審議によって最終決定される助成金額が申請金額の満額とは限りません。

4.事業実施期間

当該年の9月1日から2年以内

5.申請資格
  • 日本国内のSDGsの諸課題、とりわけジェンダー課題の解決を目指す個人、または団体
  • 日本国内に連絡先があること
  • 申請用紙や報告書の記入および事務連絡等に日本語で対応できること
  • 助成金の振込先が日本国内の金融機関であること
  • Seedsプロジェクトに申請する場合は、これまで研究や活動の実績があまりない個人、または団体
6.助成の条件
  • 本基金で規定する諸規定を遵守(報告書・成果物等の提出、倫理・人権・個人情報保護など)すること
  • 事業の実施や成果の発表に際し、当財団の助成を受けたことを明示すること
  • 事業の成果等は当財団のHPで公開します
6−1.報告書の提出

下記の報告書をご提出ください。所定の期間内にご提出いただけない場合は、助成金の返還対象になります。

【中間報告】
助成期間が1年を越える場合、翌年9月末までに所定の中間報告書をご提出ください。
① 個人または団体名(団体の場合は、代表者名も記載)
② 助成事業名
③ 助成額:    円(うち使用金額     円)
④ 事業実施期間:  年 月 〜 年 月
⑤ 実施状況
⑥ 今後の予定

【最終報告】
助成期間終了後1ヶ月以内に、所定の最終報告書、収支報告書、成果物をご提出ください。
(1) 事業成果報告書
① 個人または団体名(団体の場合は、代表者名も記載)
② 助成事業名
③ 助成額:    円(うち使用金額     円)
④ 事業実施期間:  年 月 〜 年 月
⑤ 実施状況
⑥ 事業の成果(1500字〜3000字)
⑦ 提出成果物
(2) 収支報告書
(3) 成果物

6−2.成果物の提出

助成事業実施期間終了後に、応募時にご申告いただいた「成果物」を必ずご提出ください。応募用紙に記載したとおりの成果物を提出できない場合、又は期限内にご提出いただけない場合は、助成金返還の対象となりますのでご注意ください。

「成果物」とは、次のようなものです。
①出版助成:出版された書籍
②調査助成:調査報告書、学会誌等に発表された論文、写真など
③研究助成:学会発表の場合は、発表原稿全文のコピー(学会発行の予稿集に掲載された場合は、そのコピーも提出してください)、論文の場合は、論文の抜き刷りまたは出版物からのコピーを提出してください。
④活動助成:活動成果をあらわすもの、本基金で提出が義務づけられている「事業成果報告書」とは別に、活動の際に作成したチラシなどの広報文書、活動の成果を検証するエッセイや論文、活動に関する写真、報道記事など、社会への波及効果を示すものなどを提出してください。

それぞれ求められる提出部数は1部です。助成期間終了後に確実に提出していただく必要があるため、実行可能な成果物についてお書きください。

7.他団体の助成金との重複

申請する事業は、他団体による助成金と重複してもかまいませんが、申請書に応募中の他の助成金があれば、その名称および申請金額等を記入してください。

また、本基金からの助成が決定した場合、それらの助成金の交付結果は必ず本基金にお知らせください。特に、他団体による助成金がもらえなかったために申請した活動の実施が出来なくなった場合は、速やかにご連絡ください。

8.申請期間:2023年7月1日〜7月23日

HP上の申請フォームに記載し、HPから申請してください。申請時には、申請フォーム以外の資料(これまでの研究実績など)は送付しないでください。追加資料が必要な場合は、改めてご連絡します。出版事業については、実現可能性を評価するため参考までに、応募の時点で、①出版契約書、②見積書、③完成原稿の全文をPDFでご提出ください。

9.選考・結果の通知
  • 書類選考(必要に応じてヒアリング調査)と審査にて選考します。
  • 選考結果は、申請者全員にメールで通知します。また、助成金交付決定者はHPにて発表します。
  • いかなる場合も選考や結果について理由の問い合わせには応じられません。
10.スケジュール(第1期)

2023年7月1日〜7月23日:助成金申請期間
2023年8月:助成金支給者決定(個別にメール連絡・HP掲載)
2023年9月1日〜2024年8月31日:助成金事業期間(1年間の場合)
2024年9月30日:中間報告または最終報告の提出締め切り日

11.問い合わせ

返信に時間がかかる場合がありますので、余裕をもってお問い合わせをお願いいたします。

問い合わせ先:
一般財団法人上野千鶴子基金
E-mail: ufinfo@uenofoundation.com